投稿日:

親としての教育方針

小学校低学年においては、「基礎学力」をつけることが大切ですが、親が子どもの勉強を見てやることが大切になってきます。ただし、塾あ分厚い問題集を買い与え、子どもの適性を見ずに塾に放り込むことは良い結果を生みません。分厚い問題集をやみくもに買い与え、本人のやる気を奪ってしまう親はいるものです。むしろ、できるだけ薄い問題集で、終わったらできた事を褒めてあげる方が良いでしょう。

教育において「頭が良い人」とは「国語力のある人」に他なりません。そのため、読書量と頭の良さは比例しているとも言えるでしょう。国語力は家庭で育まれるということを親は覚えておかなくてはなりません。

子どもの国語力を磨くために、子どものおしゃべりに付き合うことは大切です。あいづちや質問ををはさみながら、できるだけ長くお話をするように親が心がけをすると良いでしょう。

また、子どもが努力し、成果に結びつけたことは、ささないなことでも褒めることが必要です。親は子どもを支配下に置いてしまいがちですが、そうではなく、努力した過程を褒め自立して勉強ができるように伴奏することが親に求められます。

親としての教育方針」への1件のフィードバック

  1. Hi, this is a comment.
    To get started with moderating, editing, and deleting comments, please visit the Comments screen in the dashboard.
    Commenter avatars come from Gravatar.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です