に投稿 コメントを残す

小学校受験で私立小学校選びのポイントを押さえておこう

小学校受験は私立小学校がほとんどと言っても良いでしょう。私立小学校選びのポイントを押さえて、子供のためにはどこに入学させた方が良いのかを真剣に考えてみてください。

私立小学校の場合は、学校によってガラッと校風や教育方針が変わります。独特なカリキュラムがあることも珍しくはないので、細かいところまで確認が必要です。宗教教育をすることがありますから、家庭の宗教とのことも考えて小学校受験を考えた方が良いでしょう。私立の場合は施設が充実していることが多いですが、具体的にどのような施設や設備があるのかを確認してください。また、制服があるのかや自宅からの距離も大事なポイントです。給食の有無や学費なども違いますし、細かいところまで調べた上で決断する必要があります。

に投稿 コメントを残す

個別指導塾の夏期講習のメリット

夏休みは成績を伸ばすのにとても良い期間です。また、長期休暇中も学習習慣をつけておくことで新学期に焦ることなく学校生活に戻ることができます。そこで、夏期講習に参加するメリットを紹介します。今回は夏期講習の中でも個別指導塾の夏期講習のメリットについてまとめました。個別指導塾の夏期講習は普段塾や予備校に通っていない生徒でも参加可能な特別授業です。通念通して塾や予備校に通う余裕がない家庭でも夏期講習であれば参加ができるといケースもあります。個別指導塾の夏期講習参加の考え方として二つの例をあげて話します。一つ目は、苦手な科目に集中して受講することです。夏休み期間は新しく学習することがないので、苦手分野にチャレンジしてみましょう。二つ目は、得意分野を伸ばすことです。得意分野を増やすことで、学校でのテストに対する不安を軽減することができます。また、1学期の復習、2学期の予習の時間として活用することもできます。

に投稿 コメントを残す

個別指導塾とは

個別指導は生徒一人ひとりに合った指導を行う指導形態です。
個別指導では個別にカリキュラムが作られ、それに基づき指導を受けます。
メリットは、多様な生徒のニーズに個別に応えられる点です。集団指導のように、授業についてこれない生徒を置いてけぼりにすることもありません。
一方でデメリットは集団指導に比べて競争意識が芽生えにくい点です。また、集団指導に比べ、人件費がかさむため、費用がかかる点もデメリットです。
個別指導が向いているのは、マイペースな人です。自分のペースで学習を進められるからです。
逆に他人に負けたくないという意識がやる気になるような人は個別指導には不向きです。
塾を決める際は体験授業を通して、講師や塾全体の雰囲気を確かめましょう。好きになれる良い講師がいるか、というのはとても重要なポイントです。

に投稿 コメントを残す

塾における体験授業の流れとは

塾の体験授業はまず電話、もしくは個別相談会などで体験授業の予約を入れるところから始まります。
次に予約当日に約束の時間にあわせて子供本人と保護者、あるいは本人のみで塾に足を運び教室へと向かいます。
受付を済ませる必要がありますから、受付に出向いて体験授業の予約と名前を伝えて手続きをします。
受付の人か講師が案内してくれることが多いので、案内に従って移動して席に着席します。
そして時間になったら体験授業が始まるので、体験授業を受けて個別面談を受けるか、アンケートに答えて帰宅するという流れとなります。
特に個別面談やアンケートがなくても、後日電話があってそれに答える場合もありますから、授業の後の流れには何パターンかあることが分かります。

に投稿 コメントを残す

中学生が塾選びの際に踏まえておくべきポイント

中学生にとって塾選びは将来に直結する重要な事柄です。周囲の学生たちが入塾したからといって、自分もそれの通りにするのは正解とはいえません。自分に合ったところをさまざまな観点で選ぶことが大切になります。たとえば、個人指導と集団指導という枠組みの選択も、慎重に行わなければなりません。こまやかなサポートを期待するなら前者が良いですし、切磋琢磨を重視するなら後者が良いでしょう。
ただし、その選択が終わってもさらに絞り込んでいく必要があります。進学の実績や授業の方針などを熟知したうえで、勉強しやすいと感じるところをピックアップしていきます。最終的には体験樹授業を受けて、ここなら大丈夫と思えるところに申し込みましょう。やっぱり合わないと感じたら早めに転塾することも必須です。

に投稿 コメントを残す

お子さんに合った学習塾を選ぶ

どこの地域にも学習塾は必ずと言ってよいほどありますし、どこを選ぶか迷ってしまうということも有るかもしれません。大きく分けると集団授業の所と個別指導と分かれます。お子さんのタイプや性格に合った所を選ぶというのが第一段階です。すぐに質問が出来るタイプであったり、競争心が強いタイプのお子さんの場合は集団授業の塾の方がお勧めです。一方分からないところをすぐにクリアにしたい、また自分のペースで進めていきたいというお子さんの場合は個別指導の方が良いでしょう。目標に向けて、志望校が有る程度まとめられているコースであったり難易度設定やクラス分けがされている所であれば、目的に合った学習をすることが出来るので安心です。

に投稿 コメントを残す

子どもたちの日常の安全「地域の人びと」

子どもたちの成長を見守るなかで安心・安全な地域社会を築いていくためには、地域の人びとのつながりは欠かすことのできない絆であると考えられているようです。

最近ではスマートフォンなどの通信技術を利用することで、子どもたちの居場所や行動を把握しようと努められる親御さんが多いようです。お子さまが塾に通われる際にも、日が暮れた夜道を歩かせることに抵抗を感じるパパさんママさんが多いようなのです。

実際にGPS機能などを利用してお子さまの居場所や安全の確保を計ることも現代的なシステムの利用として十分に機能しているようですが、地域の安全は何よりも人と人のつながりのなかにあると専門家たちは考えているようなのです。

塾に通われているお子さまの通り道を実際に通われる時間帯、帰宅する時間帯にご一緒に歩いてみましょう。子どもたちの日常を守ろうとしてくれている地域の人びとの存在に気づくことができるかもしれません。

に投稿 コメントを残す

楽しい受験を演出する

中学受験に向かう前にお父さんお母さんの迷われる塾選びは、学校の成績アップと受験合格の2つを目指すことに標準がセットされていませんか。

実際にお子さまの塾選びをはじめてみますと、その数や種類の豊富さに驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、子どもたちの塾選びはまず目標となるものをきちんと設定してから、お子さまと一緒に選ばれると良いでしょう。

お父さんお母さんが受験する意気ごみばかりがアップして、子どもたちには受験の意味がまったく理解できていなかったケースなどでは、親子で受験からリタイヤしてしまうこともあるようです。

受験が楽しいというと語弊がるかもしれませんが、受験は楽しくないよりも困難だけれども楽しい方がなんとなくお子さまも頑張れるような気がしませんか。

に投稿 コメントを残す

子どもたちの学習バランスと塾選び

これから子どもたちを塾に通わせようかと悩んでいらっしゃるお父さんお母さんにとって、うちの子は個別型のタイプの塾が良いのか、集団授業型の方が馴染むのか、もしくは家庭教師をつけてマンツーマンで取り組むべきなのか迷われるかもしれませんが、個別型の学習塾、集団授業型の学習塾、家庭教師には、それぞれのメリット・デメリットがつきものですので、まずはお子さまの科目別成績とそれぞれの分野への理解度の詳細を判別してみてはいかがでしょうか。

たとえば国語、英語などの文系への理解が高く成績もそれなりの上位を占めているお子さまの苦手科目が、算数などにしぼられてくるのでしたら、算数における成績をアップさせるためには、再度、簡単な計算方式の基礎に立ち返る必要性があるかもしれません。

このようなケースであれば、算数の科目はマンツーマンで学習できる家庭教師を選択したり、個別型学習塾でゆっくり丁寧にテキストをすすめていくことが良いのではないでしょうか。

に投稿 コメントを残す

塾選びを考えてみましょう

一般的に「ブランド塾」などと称される有名塾に入会させれば、必ずしも難関校に合格するといったような考えは、誰しもが甘いと感じているとは思われるが、難関校への突破を考えるうえでは、難関校への合格者数や実績は、大変重要な鍵を握ってくることにもなるでしょう。

塾選びのキホンとなるものは、まずお子さま自身にぴったりと合う塾選びが重要であると言われております。塾の実績とともにそれぞれの規模や年間カリキュラムに加え、お子さまをサポートするご両親として重要な項目となってくるのは、料金のプランではないでしょうか。

お子さまを塾に通わせる費用を年間で割り出してみると、気軽な塾選びをして失敗してしまったときの代償をリアルに感じ取ることができるのではないでしょうか。難関校への合格者数が多ければ多いほど、優秀な生徒たちの入会が見込めますので、そのような実績をものとに、塾の雰囲気や授業内容の難易度などを計ってみることも大切です。

また、規模の大きな塾では大抵、お子さまの偏差値などからクラス分けが行われているところがほとんどでありますので、実際にお子さまの求めるレベルに合ったクラスに入会できるのであろうかといった親御さんの判断が学力アップの鍵を握っていることにもなるでしょう。