投稿日:

友達関係と塾

入塾する際に注意しなければならないのは、仲の良い友達などと一緒にこのような塾に入ってしまうと、一度学校でやったところをなんとなく復讐していることになってしまうため、結果的に授業が終わったら友達と塾で遊ぶというような捉え方をしてしまう人も多いという風に聞いたことがあるような気がします。このような場合では、十分な実力をつけることは難しい、という風にも言えるかもしれませんし、あまり好ましくないことが多いという風にも言えるかもしれません。最近流行しているスタイルとしてあげられるのは、先生一人に対して生徒が2人から3人くらいまでに治っている個別指導型の宿が挙げられるという風に言えるかもしれません。昔はこのようなスタイルの宿は流行っておらず、大人数型の一気に授業を行うというような形式を取っているところが多かったわけですが、先生が一人で2人を見るというスタイルを取ることで生徒の様々な事情を具体的に把握しやすくなり、レベル別の指導も一気にしやすくなるというようなメリットが生まれているようです。特に、なかなか勉強に対して目標を立てずにいる生徒である場合には、先生が親身になって相談に乗ってくれる場合も多いため、どの科目のどのような分野につまずいているためにやる気が出ないのか、ということをきちんと突き止めてくれる場合が多いということも、大きなメリットの一つであるという風に言えるかもしれません。

投稿日:

授業見学について

当然のことながら、その塾の特徴が本当かどうかを確かめるためには、口コミとして一から伝聞するだけではなく積極的に授業に見学行くなどして保護者やその子供揃って宿の印象を確かめるということが、何よりも重要であるというふうに考えられるわけです。授業見学は、最近では大手の塾であればどこでも行っている場合が多く、実際に見学に行くことで普段の授業がどのように行われているのかということを理解するのはもちろんのこと、この宿とこの宿でどのような違いがあるのかということを、きちんと確かめるということもおすすめの方法である、という風に言えるかもしれません。学習塾などの場合には、他の予備校や家庭教師などとは大きく異なり、特徴が授業に出やすいということもあるため、積極的に授業見学をするなどして頼りになる先生がいるかどうかということや、案外見落としてしまいがちなシューターなどを含む、事務の対応などもきちんと見ておくことがおすすめだという風に言ってしまっていいかもしれません。大きな塾などであれば、その地域で話題となっている名物講師やスター的な性質を持った先生もいるかもしれませんが、そのような人を頼りにして、宿を決めてしまうというのは、いささか危険であるという風に言わざるを得ません。当然のことながら、授業見学などではなるべく受けがいい授業を見せてくることが多いため、その先生以外の授業がどのように行われているのかということがわからない場合も多いというふうに聞いたことがあります。その場合、 受けたいという風に考えているような名物講師の授業を取れないケースなども想定しておかなければならないというふうに考えられるわけです。はっきり振り分けてしまえば、なるべく上位のクラスに入らなければ話題の講師の授業というものを、受けることすらできないという現実があることも知っておく必要があるという風に言えなくもありません。

投稿日:

19時以降の塾授業禁止案を阻止

1999年は、塾業界にとって記念すべき年となりました。それまではどちらかと言うと学校教育に代表された公教育とは一線を画した塾という教育機関を無視するかのような対応に終始していたものが、一気に共存を認めた年になったからです。塾という存在を認めざるを得ない程、その力が子供の教育に大きく関わってきていたからに他なりません。とはいうものの、文部省が塾に対し友好的な歩み寄りをしていったかにも聞こえますが、実際には水面下で文部省と塾業界の激しい攻防が繰り広げられていたと言われています。その一つが「塾規制案」ともとれる19時以降の授業禁止案でした。背景には1998年告示、2002年実施となる「ゆとり教育」に向けた施策の一環である「学校完全週5日制」導入がありました。土曜日が休みとなるため、通塾の機会がより一層増えてくるとの懸念から、「19時以降の授業禁止案」で塾業界をけん制しようと考えていたと言うのがもっぱらの噂でした。塾業界はこれに猛反発し、結局は見送られる結果となっていったのです。このことは何を隠そう文部省が塾を名実ともに認めたと言ってもいい程のセンセーショナルな出来事と言えるかもしれません。

投稿日:

クラス分け

入塾試験のようなものを受けてもよほど点数がひどくない限りは、入ることができるわけですが、上位者が所属するクラスと会社が所属するクラスで教える内容や先生の力の入れようも大きく変わってきている、という風に言われているようです。これは当然のことながら、いわゆる選択と集中という考え方でありなるべく合格の可能性が高い生徒に指導の重心を傾けるということが、確実に言えるわけです。残念ながら、いわゆる低レベルのクラスに振り分けられてしまった場合には、周囲を見渡してもなかなか意識が高いという人はいないため、どうしても合格に向けて自分自身の意識を高く保って前向きに勉強をするということが非常に難しい場合もあるというふうに聞いたことがあるわけです。最近では、子供の声からも低レベルクラスがあまりにもひどい授業をしていたというような声が聞かれることもあるようで、結局のところを合格者数を増やすために成績の上位者を積極的に指導しているという現実はあるわけです。このような意味では入塾試験にも十分に力を入れて臨む必要があるというふうに考えて良いのではないかと、言えそうです。つまり入塾する段階でなるべく積極的に 上位クラスに食い込めるように努力を続けておくということがとにかく感じになってきているというふうに考えて良いのではないでしょうか。自宅や学校の勉強では決して到達できないレベルの講義が展開されているというふうに、考えている人は多いかもしれませんが、それは上位クラスの一部に限られているわけで、ほとんどの場合には十分に授業ができていないというようなクラスが存在しているということを覚えておく必要があるという風にも言えてしまうのではないかと考えられます。当然のことながら、塾もビジネスとして子供の指導をしており合格するということを第一目標に置いているため、学校に見られるような人間教育というような考え方はほとんど無に等しいという風に言ってもいいかもしれません。

投稿日:

塾のトラブル

塾では、様々なトラブルが起こるということが報告されているようで、友達同士のトラブルだけではなく、講師と生徒の間でもトラブルが起こることが確認されているようです。特に一つの塾や個別指導の塾などに生徒を1人してしまった場合などには、トラブルがあった際に逃げ道がないという場合も多く、受験直前にこのようなことが起こってしまうと大変な事態になりかねないということも理解しておく必要があるという風に言えるのではないでしょうか。このようなトラブルが最も起こりやすい環境として挙げられるのは、中学受験のような生徒としてまだ人間がきちんと形成されていない時期の受験を乗り越えようとする場合、保護者も自分自身の年代として中学受験をしていないという場合も多いため一体どのようにして中学受験を乗り越えれば良いのかというノウハウを知らない人も多いという風に聞いたことがあるような気がします。このような問題が表面化してきた背景として挙げられるのは、中学校の試験問題というものが、かなり難易度が上がってきているというような現実が確実にあげられるのではないかと考えられます。とにかく中学校の難関校と呼ばれるような学校の受験問題は、高校受験の問題と負けず劣らず応用力や思考力が試されているため、とにかくきちんとした対策をしなければ高得点を獲得することや合格圏に入ることは難しいという風に言われているわけです。そのような中で、数十年前から難関校の中学受験をさせようとする塾などで、対策のテキストが複数準備されるようになってきており、それに対応するような形で、中学受験もレベルアップしていったというような背景があるということを覚えておくといいかもしれません。最近では、昔見られたような急激な何かというものは見られなくなってきたという風に言われていますが、それでも冷静に今現在の中学受験の問題を眺めてみると家庭で教えるにはあまりにも難しい問題ばかりが揃っているという風に言わざるを得ません。

投稿日:

友達作りと塾

塾を決める際に、友達が入っているから、ここに行きたいなどという風に子供が言い出した際には、特に注意をしておくことが必要だという風に言えるかもしれません。様々な、習い事の延長線上にあるような感覚で、なるべく友達と長い時間一緒にいたいからというふうなわけで宿を決めてしまうのは、とても危険であるということを覚えておくことが重要だという風に言えるかもしれません。子供同士の友達感覚に、引っ張られるような形で塾に入ってしまえば、その友達は強い意志を持って塾に入ったかもしれないが、自分自身の子供が流されるような形で塾に入っている可能性だって決して否定することはできません。このような場合には、友達が受験に成功したが、自分自身は失敗してしまったなどという風に一つの大きな失敗体験をしてしまうことにもなりかねないというふうに考えられるわけです。また友達と一緒に塾に入った人が友達が塾を辞めたからといって、つまらなくなってしまい一緒に辞めてしまったなどというようなケースもよく耳にしますし、きちんとした目的意識を持って通うということが、何よりも重要であり求められていることであるということは間違いなく言えるかもしれません。よくあるケースでは、友達同士で一気に教室へ応募しているため、一人の人が辞めると、一斉に多くの人が辞めてしまうというようなケースすらあるわけで、目的意識がそもそも希薄であったという風に言わざるを得ない状況が伺います。また、友達同士で塾に入った場合には、その友達と子供の間で学力レベルに差があった場合には、友情にもヒビが入る事態にもなりかねない、ということを覚えておくといいかもしれません。最近の塾は、教育制度を充実させるためにレベル別の授業を受けさせることが多く授業内容が大きく変わるくらいにクラス分けを行う場合もあるわけです。このような場合、結局一緒に授業を受けられないだけではなく、レベルでも差がついてしまったなどという風に考えて、友達同士の仲が険悪になるようなケースもあるというふうにも聞いたことがあり難しい問題を抱えているという風に言えるでしょう。

投稿日:

塾に通わないという選択肢

一般的な、公立高校の一般的なカリキュラム教育を受けただけで難関大学へ合格することは非常に難しくなってきているという風に言えるかもしれません。それは、教育のレベルが大幅に上がっているだけではなく、専門性の高い人材が大学にとっても求められるようになってきており、その結果として、大学受験の問題も、非常に先鋭化されたマニアックな問題が出題されることが多くなってきたことは、数々のメディアなどでも批判の的となっている部分はあるかもしれません。一般的に言われているのは、首都圏よりも地方の公立高校の方が進学に力を入れているケースがあるということです。特に、北関東などでは私立高校よりも公立高校の進学校の方が進学実績が豊富なため、どのようにしたら大学に合格することができるのかという具体的なノウハウを持っている高校が多いという風にも聞いたことがあるような気がします。このような高校では、課題を豊富に出題するだけではなくどのようにして、生徒に興味を持ってもらうのかということにまで行き届いている教育を受けることができるため、結果として学習意欲の向上を望むことができるか、常に前向きに大学受験をとらえることができるわけです。しかし、首都圏などではこのような学費の安い公立高校などは多くはなく、残念なことに難しい状況になっているということは間違いのないことであるという風に言ってしまってもいいかもしれません。このような状況の中では、常に学習意欲を高めるために、塾に通うという選択肢が出てくるわけです。当然のことながら地方などであれば、塾も全くないような状況で学力を高めるために高校が力を入れるということが一般的であったわけですが、首都圏などの私立高校や公立高校などではもっぱら塾などで学力アップを図るという方向がとられていることは間違いなく言えるのではないかと考えられます。当然のことながら、地方では公立高校の教員が危機感を持って教育や受験に携わっているということは間違いなく言えるのではないでしょうか?

投稿日:

保護者の情熱の功罪

保護者が子どもに中学受験させるのは、言うまでも無く、将来の子どもを案じてのことです。ですから、保護者が子どもを愛していることは疑いようがありません。しかしその愛が大きければ大きいほど、裏目に出てしまうこともあります。例えば、勉強を少しでもさぼってしまうと、合格できないと思い込んでしまい、高熱で苦しんでいる子どもを塾に通わせてしまう保護者が出現することもあります。当然子どもは受講することなどできませんから、塾の講師が異変に気付き、保護者と連絡を取ることになります。そこで講師から叱られ、初めて自分の行為の意味に気付くのですが、気付けばまだ良い方で、何故叱られているのか理解できない保護者も存在します。一番大切なのは受験ではなく、子どもであるということを、恐ろしいことに見失ってしまうのです。  そのような親が出現してしまうのは、受験のプレッシャーに他なりません。保護者はいい大人ですが、気付かない時は気付きません。受験という免罪符で子どもを虐げてしまうのです。親の不安は子どもが勉強している姿で解消されるので、机に向かっていない時間が少しでもあると、烈火のごとく怒ってしまうこともあります。子どもを愛するがあまり、子どもを傷つけてしまうわけですから、救われない話です。予防策としては、塾や家庭教師のアドバイスに真摯に耳を傾けると良いでしょう。子どもを応援しているのは保護者だけでなく、元は赤の他人であった講師や家庭教師も同様なのです。彼らの言うことを軽視せず、謙虚な姿勢で向き合うようにして下さい。

投稿日:

個人塾の塾長

塾長との信頼関係は、正に塾とのコミュニケーションのあり方を決定付けます。信頼関係とは、塾長の人柄、理念、指導力が影響して生じるものです。保護者はそこまで見抜いた上で、塾を選択する必要があります。参考になる例を挙げましょう。ある家庭では、子どもの通う塾の方針、対応を問い質すべく、塾長を自宅に招きました。その際、塾長に一般的な礼節が欠けていることに気付き、転塾させることを決心したそうです。  ところで塾という存在は、どのような歴史の上に築き上げられているのでしょうか。現代の核家族を見てみると、教育に熱心である家庭では、子どもを塾に通わせるのが常識となっています。そこまで身近な存在となっている塾ですが、その起源を詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。当初の塾と現代のそれとでは、質が全く異なるものであったのは間違いありません。それほど昔に遡らなくても、祖父母の世代にあった塾と比較するだけでも、その変貌は明らかです。塾は時勢と大きく関係しており、今の塾のあり方は、現代社会を映し出しているのです。  実は学習塾に相当する機関は、日本に限っても平安時代から認めることが出来ます。広く普及したのは江戸時代だと言われていますが、今とは趣の異なるものでした。明治時代に入っても、現在の平和主義、民主主義に基づいた内容ではなく、富国強兵を繰り返し唱えるような授業内容でした。その意味では、戦後に塾の講義の中身は大きく変わったのです。戦後には、塾のブームのようなものが起こりました。1回目は、60年代に発生しました。60年代はいわゆる第一次ベビーブームの世代が生徒に当たる時期で、塾を利用しようとする家庭が急増したのです。とはいえ、今のような先進的なシステムに支えられた塾は少なく、あくまでも学校の授業の補習が眼目でした。

投稿日:

個人塾に関する情報収集

大手の塾であれば、様々な情報が飛び交っており、塾から直接資料を取り寄せることも出来ますし、インターネット上で確認することも出来ます。ネット上では教育関係者がそれぞれの塾の特徴を解説しており、それを参考にして自分に合った塾を選ぶことが出来ます。それに対して個人塾は、客観的な評価が乏しく、ネット上の情報としては、HPの謳い文句くらいしかありません。口コミが載っていることもありますが、あまりに小規模な塾の場合、口コミさえ1件も見当たらないことが珍しくありません。最終的には、保護者自ら情報収集した上で、幾つかのポイントに関して分析する必要があります。
そのポイントとは、一つにはカリキュラムの充実度です。カリキュラムがいい加減な塾であれば、安易に入塾すべきではありません。一番信用できないのは、個人塾でありながら、カリキュラムの質の高さをアピールしているケースです。個人のレベルで大手を凌ぐカリキュラムを編成できるはずがないからです。現実的な方策としては、大手の教材を活用する事しかありません。その教材すら用意していないようであれば、受験には向いていない塾だと判断した方が良いでしょう。
二つには、合格実績の推移です。大手とは異なり、実績は毎年大きく変動するのが個人塾です。従って、実績の算出の仕方も含めて、その詳細を確認する必要があります。酷い例としては、優秀な数人が多数の学校を受験して実績に貢献していることがあります。最低でも数年分の実績をまとめて評価することをお勧めします。そうでもしなければ、その塾の真の実績を知ることはできません。大手塾との比較の仕方は簡単です。大手とは在籍人数が全く異なりますから、大手の人数分に当たる年数の情報を収集すれば良いのです。