に投稿 コメントを残す

学校と塾で日本独自の相補システム

日本人が教育熱心であることは、昔も今も変わらないでしょう。また、それぞれが自分なりの教育に対する意見をもっており、いろいろな分野でいろいろな人達がそれを語っています。政治家、官僚はもちろんのこと、飲み屋の片隅でも教育論議が盛んに繰り広げられているかもしれません。ただ残念なことに、そんな教育に対して披露された意見が証明されるまでには長い年月を要するという事です。教育を受けた人たちが活躍できるまでには、子供たちが成長し、社会へ出てと考えると一世代はかかってしまうでしょう。それをわかっていながら人は教育について語るのです。では早い結果を見たいため、関係方面の意見を集約して、一番多かった意見に沿って具体的に教育界に反映させれば、良い結果が得られるかというと必ずしもそうとも言えません。以前は「詰め込み教育」を実現すべく関係施策を実施しても、そのうち子供たちに良くないと「ゆとり教育」切り替え、そして現在はまた「脱ゆとり教育」とすべく施策を検討している始末です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です