投稿日:

塾に通わないという選択肢

一般的な、公立高校の一般的なカリキュラム教育を受けただけで難関大学へ合格することは非常に難しくなってきているという風に言えるかもしれません。それは、教育のレベルが大幅に上がっているだけではなく、専門性の高い人材が大学にとっても求められるようになってきており、その結果として、大学受験の問題も、非常に先鋭化されたマニアックな問題が出題されることが多くなってきたことは、数々のメディアなどでも批判の的となっている部分はあるかもしれません。一般的に言われているのは、首都圏よりも地方の公立高校の方が進学に力を入れているケースがあるということです。特に、北関東などでは私立高校よりも公立高校の進学校の方が進学実績が豊富なため、どのようにしたら大学に合格することができるのかという具体的なノウハウを持っている高校が多いという風にも聞いたことがあるような気がします。このような高校では、課題を豊富に出題するだけではなくどのようにして、生徒に興味を持ってもらうのかということにまで行き届いている教育を受けることができるため、結果として学習意欲の向上を望むことができるか、常に前向きに大学受験をとらえることができるわけです。しかし、首都圏などではこのような学費の安い公立高校などは多くはなく、残念なことに難しい状況になっているということは間違いのないことであるという風に言ってしまってもいいかもしれません。このような状況の中では、常に学習意欲を高めるために、塾に通うという選択肢が出てくるわけです。当然のことながら地方などであれば、塾も全くないような状況で学力を高めるために高校が力を入れるということが一般的であったわけですが、首都圏などの私立高校や公立高校などではもっぱら塾などで学力アップを図るという方向がとられていることは間違いなく言えるのではないかと考えられます。当然のことながら、地方では公立高校の教員が危機感を持って教育や受験に携わっているということは間違いなく言えるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です