に投稿 コメントを残す

子どもたちの日常の安全「地域の人びと」

子どもたちの成長を見守るなかで安心・安全な地域社会を築いていくためには、地域の人びとのつながりは欠かすことのできない絆であると考えられているようです。

最近ではスマートフォンなどの通信技術を利用することで、子どもたちの居場所や行動を把握しようと努められる親御さんが多いようです。お子さまが塾に通われる際にも、日が暮れた夜道を歩かせることに抵抗を感じるパパさんママさんが多いようなのです。

実際にGPS機能などを利用してお子さまの居場所や安全の確保を計ることも現代的なシステムの利用として十分に機能しているようですが、地域の安全は何よりも人と人のつながりのなかにあると専門家たちは考えているようなのです。

塾に通われているお子さまの通り道を実際に通われる時間帯、帰宅する時間帯にご一緒に歩いてみましょう。子どもたちの日常を守ろうとしてくれている地域の人びとの存在に気づくことができるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です