に投稿 コメントを残す

塾における個別指導

もともと個別指導という形が生み出された時期の世相を考えあわせると自然の流れと言っていいかもしれません。世の中、「個性」が尊重されるようになり、また共稼ぎ世帯が一般化し家庭で子供の勉強をフォローする機会が減り、更に必要なカリキュラムを選択しその習った分だけ料金を払えばいいという「多様性」と「お得感」も加わって、そのシェアを一気に押しあげていったものと推測されます。まさに公教育機関には困難、かつ世相を反映した形式であり当の本人や親御さんの心をつかんだ、まさに「最適解」とでも言えるような形態となっていったのでしょう。また一部では、子供が勉強に取り組む積極性の低下を指摘する意見もあります。個別指導のような、極端な言い方をすれば1から10まで指導してくれる形態が今の時代にはまさにうってつけ、という事のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です