投稿日:

子供にとっての学校と塾

今の日本の子供たちにとって学校は、これからの長い人生全般の道しるべとなるような教育を行う場と考えられています。スポーツ等の課外活動や学校行事を通じ、また生徒に関心や興味をもってもらえるような授業となるようカリキュラムが組まれています。もちろんテストは理解度をチェックするという意味で大切と捉えていることに変わりはありませんが、点数のわずかな差をこだわっている訳ではありません。一方塾は、上級学校へ進学するために避けて通れない「受験」で合格させるよう指導していくことが最大かつ最も重要な目的です。そのためにテストや模試を実施し、受験に必要となる知識に対する不足部分や方向性のズレなどを見つけ補い修正させる場となっているのです。そのためには、モチベーションを上げ維持していくように常に考えています。このように学校と塾は目指す目的が明確に異なっており自ずとそのための方法も変わってくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です