投稿日:

友達関係と塾

入塾する際に注意しなければならないのは、仲の良い友達などと一緒にこのような塾に入ってしまうと、一度学校でやったところをなんとなく復讐していることになってしまうため、結果的に授業が終わったら友達と塾で遊ぶというような捉え方をしてしまう人も多いという風に聞いたことがあるような気がします。このような場合では、十分な実力をつけることは難しい、という風にも言えるかもしれませんし、あまり好ましくないことが多いという風にも言えるかもしれません。最近流行しているスタイルとしてあげられるのは、先生一人に対して生徒が2人から3人くらいまでに治っている個別指導型の宿が挙げられるという風に言えるかもしれません。昔はこのようなスタイルの宿は流行っておらず、大人数型の一気に授業を行うというような形式を取っているところが多かったわけですが、先生が一人で2人を見るというスタイルを取ることで生徒の様々な事情を具体的に把握しやすくなり、レベル別の指導も一気にしやすくなるというようなメリットが生まれているようです。特に、なかなか勉強に対して目標を立てずにいる生徒である場合には、先生が親身になって相談に乗ってくれる場合も多いため、どの科目のどのような分野につまずいているためにやる気が出ないのか、ということをきちんと突き止めてくれる場合が多いということも、大きなメリットの一つであるという風に言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です