投稿日:

クラス分け

入塾試験のようなものを受けてもよほど点数がひどくない限りは、入ることができるわけですが、上位者が所属するクラスと会社が所属するクラスで教える内容や先生の力の入れようも大きく変わってきている、という風に言われているようです。これは当然のことながら、いわゆる選択と集中という考え方でありなるべく合格の可能性が高い生徒に指導の重心を傾けるということが、確実に言えるわけです。残念ながら、いわゆる低レベルのクラスに振り分けられてしまった場合には、周囲を見渡してもなかなか意識が高いという人はいないため、どうしても合格に向けて自分自身の意識を高く保って前向きに勉強をするということが非常に難しい場合もあるというふうに聞いたことがあるわけです。最近では、子供の声からも低レベルクラスがあまりにもひどい授業をしていたというような声が聞かれることもあるようで、結局のところを合格者数を増やすために成績の上位者を積極的に指導しているという現実はあるわけです。このような意味では入塾試験にも十分に力を入れて臨む必要があるというふうに考えて良いのではないかと、言えそうです。つまり入塾する段階でなるべく積極的に 上位クラスに食い込めるように努力を続けておくということがとにかく感じになってきているというふうに考えて良いのではないでしょうか。自宅や学校の勉強では決して到達できないレベルの講義が展開されているというふうに、考えている人は多いかもしれませんが、それは上位クラスの一部に限られているわけで、ほとんどの場合には十分に授業ができていないというようなクラスが存在しているということを覚えておく必要があるという風にも言えてしまうのではないかと考えられます。当然のことながら、塾もビジネスとして子供の指導をしており合格するということを第一目標に置いているため、学校に見られるような人間教育というような考え方はほとんど無に等しいという風に言ってもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です