投稿日:

友達作りと塾

塾を決める際に、友達が入っているから、ここに行きたいなどという風に子供が言い出した際には、特に注意をしておくことが必要だという風に言えるかもしれません。様々な、習い事の延長線上にあるような感覚で、なるべく友達と長い時間一緒にいたいからというふうなわけで宿を決めてしまうのは、とても危険であるということを覚えておくことが重要だという風に言えるかもしれません。子供同士の友達感覚に、引っ張られるような形で塾に入ってしまえば、その友達は強い意志を持って塾に入ったかもしれないが、自分自身の子供が流されるような形で塾に入っている可能性だって決して否定することはできません。このような場合には、友達が受験に成功したが、自分自身は失敗してしまったなどという風に一つの大きな失敗体験をしてしまうことにもなりかねないというふうに考えられるわけです。また友達と一緒に塾に入った人が友達が塾を辞めたからといって、つまらなくなってしまい一緒に辞めてしまったなどというようなケースもよく耳にしますし、きちんとした目的意識を持って通うということが、何よりも重要であり求められていることであるということは間違いなく言えるかもしれません。よくあるケースでは、友達同士で一気に教室へ応募しているため、一人の人が辞めると、一斉に多くの人が辞めてしまうというようなケースすらあるわけで、目的意識がそもそも希薄であったという風に言わざるを得ない状況が伺います。また、友達同士で塾に入った場合には、その友達と子供の間で学力レベルに差があった場合には、友情にもヒビが入る事態にもなりかねない、ということを覚えておくといいかもしれません。最近の塾は、教育制度を充実させるためにレベル別の授業を受けさせることが多く授業内容が大きく変わるくらいにクラス分けを行う場合もあるわけです。このような場合、結局一緒に授業を受けられないだけではなく、レベルでも差がついてしまったなどという風に考えて、友達同士の仲が険悪になるようなケースもあるというふうにも聞いたことがあり難しい問題を抱えているという風に言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です