投稿日:

入塾のタイミング

塾業界では毎年、年が明けると生徒獲得のため争奪戦競争が始まります。まだ入試も始まっていないのに、気が早いと思われるかもしれません。しかし、これには理由があるのです。

その一つは、 塾のカリキュラムとして春期講習が新学期スタート時期として組まれています。なかでも進学塾はこの傾向が常識となっているようです。

受験の為に早くに勉強を始めたいという理由だけではなく、学校の新学期に備えて授業を先に進めることで、生徒に満足感を与えることがねらいなのです。

しかし一番の理由としては生徒獲得のための早いもの勝ちという理由もあるようです。

塾によっては多額な入塾金がかかります。なので、よっぽどなことがない限り 一度入塾すると生徒は塾を変えることが難しくなります。

でも入塾の時期はあまり重要ではく、きっかけとして定期試験の結果が悪かったなどと焦って入塾してしまいがちですが、けれども焦って入塾し勉強を始めても、すぐに効果を出すことは厳しく、また、気持ち的にも冷静な判断が難しいものです。

新学期が始まると周囲の影響からか勉強したいと焦りもでてきがちです。

中学入学前の春期講習から入塾する生徒が多い中、夏期講習から入塾してくる子どももいますが、そこで両者の成績の差はというと、さほどではないことがよくあるのです。

授業には十分ついてきていて、また少し遅れがあったとしても、講師の協力や本人の努力で、他の生徒たちに追いつくことは可能でもあります。

たとえ折角早くに入塾しても本人が頑張らなくては後ろからどんどん追い抜かれてしまうのです。

ですから塾は入るタイミングだけではなく、本人の頑張りが一番の決め手と言っても過言ではないのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です